マーケティングセミナーなのに笑顔が絶えない!これからのビジネスのあり方とは?

「やればできるではなく、やれば必ず成長する」

一番心に残った藤村先生の一言です。

どうも!
様々なモノのデザインを考えることが好き!
町工場デザイナー志賀正章です。(@NadareStyle

他にも

「個を出し信念を貫き仕合わせを作り出すビジネスをする。」


「最初に世のため人のために仕事をする。そうすれば利益はあなたを探してやってくる。」


「第4次産業革命(2010年〜現代)。あらゆるテクノロジーの垣根が曖昧になり調和していく。人工知能、ロボット、ナノテクノロジー。。。すべての産業、社会、人々の関係性、ライフスタイルも影響する。」


‪バーキンのバックに興味がない人にとって、バーキンのバックに価値はありません。しかし、バーキンのバックに興味がある人にはバーキンのバックに価値が生まれます。ということは、実質、物自体に価値はなく、その物に興味をもった人の中に価値が存在することになります。
言葉の一言一句は合ってませんが、、、藤村先生の凄い説明でした。なるほど!と思いました。

良質な製品、サービスが溢れている今、同じ物が溢れる今、価値をどこに見出すのか?何が基準で選ばれるのか?

僕は藤村先生のお話を聞いて、

関係性の経済とは、人と人との関わりの中に生まれる調和が価値となり、選んでもらえる経済と捉えました。

また肝として、「逸脱」した価値を追求すること。新しいビジネスモデルの創出、常識を捨て去ることでしか見えてこない真実を突き止めることが必要不可欠であると捉えました。


ゲスト講師の方々がハンパない事例を次々と発表してくださいました。


ヒントが沢山ありました。してきたことの情熱と真剣に取り組んだ証は唯一無二の事例ばかりでした。皆さん仕事を楽しめているのが強烈に伝わってきました。その目に見えないエネルギーで、会場には笑い声が絶えませんでした!

一般的なマーケティングセミナーでは考えられないことだと思います。



「やればできるではなく、やれば必ず成長する」

僕にとって藤村先生のこの言葉は希望に満ち溢れていました。
僕は今の仕事が好きです。もっと真剣に取り組んで、もっと楽しめるように工夫して、もっと遊び心を取り入れて、人のために・人が嬉しくなるような、仕合わせを感じてもらえるような、そんな仕事ができるようにやって行こうと思います!
提供する側の人間が楽しめてない製品やサービスに、魅力を感じることができるだろうか?

僕の価値は何なのか、他と比べることのない本当の僕を表現していこうと思います!




セミナーのあと同期のみんなと新年会での一枚。
楽しかった〜!仲間がいるってありがたいです。

しかしこの写真、僕だけ微妙な半目でした。。。
他の写真もありますがカメラの方向いてない人とかいるんで、全員がカメラを向いてるこの写真にしました。
写真撮るときは目をパッチリ開けておこー。
しかも、会う人ほとんどに、やっぱり太ったね(^^)って言われたんで、マジで何とかしようと思います!

さあ、いこう!

0コメント

  • 1000 / 1000